お風呂のリフォーム注意点〜総合編

お風呂のイメージ
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

バスルームのリフォーム注意点

今日ではマンションのみならず、一戸建て住宅においてのお風呂の改修工事で選ばれて導入される事例が多いのがユニットバスです。

ユニットバスは天井や壁面、床面などが1つに纏められている形式を指すためお風呂をリフォームする時にユニットバスを選ぶのなら、適するサイズ選びをする事が大事です。

現場の状況や間取りによっては、サイズの調整をすることもできます。

毎日入るお風呂だから快適に

そして、今日のユニットバスは簡易的なものではなく様々な快適かつ利便性が高い機能が導入されています。

段差が存在しなかったり暖かさが維持できる働きも有しているため、年齢が高い方と一緒に生活をしていたりそれぞれ入浴をする時間に差異がある場合でも全員が快適に入浴できます。

洗面所も含めてリフォームを考える

一戸建て住宅において浴室のリフォームを行う時には、サイズなどが合わなくても脱衣場や洗面所に至るまでリフォームを行えば対応する事もできます。

洗面所も含めてリフォームを考える

マンションの場合も他の場所に至るまで範囲を広げてリフォームを行う事があります。マンションの場合は特有のポイントをよく理解しておく事が大事です。

マンションは事前確認を

マンションは管理組合などの規定がある場合、工事申請が必要になるケースが多いです。リフォームを考えているのなら最初に規約に記されている内容の確認から行います。

規約には工事をする時の手続きの仕方が記載されていたり、工事自体の可否について記されているので改修工事可能かどうかを把握したり、今後の計画を立てる時に役立ちます。

マンションでお風呂のリフォームをする時には下の階はもちろん、上の階や左右の部屋などに対しても工事を行う事を予めお伝えしておくと工事による音が発生しても安心です。近隣の方への配慮もスムーズな工事を行うために大切です。

ショールームでの確認も重要

集合住宅の事例ではユニットバスからユニットバスに交換を行う事例が多い特性から、正しい大きさを選ぶべく専門家に下見をしてもらう必要があるため、工事ができる事を確認したら最初は業者に現状を確認してもらいましょう。

スペースが限られているとできるだけ大きいタイプを選ぼうとする事も珍しくないものの、ユニットバスは箱型のシステムの外側に配管などを通すスペースを確保しなければならないので、正しいスペースの確保の仕方を熟知している専門家に依頼する必要があります。

また、ショールームで確認するのも重要です。カタログだけ見ても分からない部分がたくさん見えてきます。

加えて、ユニットバスの設備には換気扇を取り付けることが多いので、その時は浴室換気暖房乾燥機を選ぶと雨の日でも洗濯物が乾いて快適です。

横浜でお風呂のリフォームを検討しているなら、ぜひかもしたのリフォームへ!
充実のショールームでユニットバスをご確認ください!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる