クリナップのキッチン「ステディア」のご紹介

クリナップキッチン
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

クリナップのキッチンはデザインと機能、そしてステンレス

今キッチンのリフォームで、ステディアを選ぶ人が増えているようです。
鴨下でも人気が高く評判の良いキッチンなのですが、実際には何が良いのでしょうか?

掃除がとても楽になる魅力的な設計

まず、ステディアの大きな魅力はいくつかあります。その1つが毎日の手入れのしやすさです。ステディアはシンクや排水口、レンジフードなどの掃除が楽になる設計をしており、これに取られる時間や手間はストレスの軽減に繋がります。

特にシンクは「流レールシンク」と呼ばれ、料理で出る野菜くずも油汚れも水にのって排水口へ向かいます。手前にある「流レール」に集めながら流れるので、調理中からシンクをキレイに保つ機能です。おかげで手でかき集める必要がないので、ごみ捨ても楽になります。

クリナップのキッチン「ステディア」

(新発想の水路・流レール採用の「流レールシンク」)

排水口はシンクとの余計な境がない一体成型。継ぎ目がなく、無駄な隙間もないため汚れやヌメりが溜まりにくい構造になっています。排水口の掃除は意外と抵抗感があり面倒に感じやすい部分ですが、ステディアではその懸念も軽減できるところに魅力があるわけです。

クリナップのキッチン「ステディア」

デザイン家具のような感覚のキッチンを

それから、デザインが優秀ですのでカスタマイズ性も非常に高いです。取手や扉の部分は自分のセンスに合わせてカスタマイズが可能になっており、他の家具や内装とマッチしないということにはなりません。

クリナップのキッチン「ステディア」

(様々な表情を持つ扉と取手を組み合わせて…)

デザイン家具のような感覚でリフォームすることができるので、そこにもこだわりたい人には大変向いています。北欧風やカフェをイメージしたデザインも可能で、毎日の調理が楽しくなること間違いなしです。

キッチンは家の中でも結構なスペースを必要とするエリアですから、一度そこのデザインが気になり始めるとずっと気になってしまう特徴があります。

扉や取手1つでも好みかどうかでキッチンに立つモチベーションが変わりますので、この自由度が高いのはユーザーフレンドリーと言ってもいいでしょう。

見えない部分も気遣いができるキッチン

収納スペースも豊富です。キッチン動線を考えており、よく使うものは手前に集め引出し内は立体的に構築されているのでとても使いやすくなっています。何気なく必要と思って手を伸ばしたところに意図したものがある、これは本当に大事なことなのです。

クリナップのキッチン「ステディア」



またクリナップといえばステンレスの構造体。

クリナップのキッチン「ステディア」


虫を寄せ付けにくく、サビにくく、熱や水に強い。高温多湿の日本ではカビが発生しやすい環境が色々とあるので、ステンレスを採用することによってカビの繁殖やニオイがつきにくいなど、いいことがたくさん。

ステンレスワークトップを選べば、表面の細かなドット形状がこすれキズを防ぎ、目立ちにくくします。

クリナップのキッチン「ステディア」

(ドット柄コイニング加工)



ステディアはそういう部分にも目が行き届いている点があるので、至れり尽くせりなキッチンと評価できます。

リフォームで「ステディア」ご検討の方は

ぜひ一度、かもしたのショールームへお越しください!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる